the k2のost(オリジナルサウンドトラック)の魅力について!

シンメトリーな美しい顔を持つチ・チャンウクがボディガードとして登場するドラマ「the k2」は、日本でも大人気!

チャンウクのクールでキレッキレのアクションシーンも素晴らしいのですが、同じくらい感動させるのがthe k2のost(オリジナルサウンドトラック)です。

今回はthe k2のost(オリジナルサウンドトラック)の魅力に迫ってみたいと思います。

そのほかにもthe k2のエピソード、the k2のostをきいたファンの声もまとめましたので、最後までお付き合いください♪

「the k2」基本情報

2016年韓国ドラマ 全16話

演出:クァン・ジョンファン

脚本:チャン・ヒョクリン

★キャスト

チ・チャンウク(役 キム・ジェハ)

ユナ(役 コ・アンナ)

ソン・ユナ(役 チェ・ユジン)

チョ・ソンハ(役 チャン・セジュン)

「the k2」は、コードネーム《K2》を持つ傭兵出身のボディガードのジェハと、彼の雇用主である大統領候補の妻のユジン、そして大統領候補の隠し子のアンナの3人を描いたアクションロマンスです。

いつしかアンナの存在をめぐり、ジェハとユジンが対立するように…。

ユジンを夜叉夫人にした過去とは?アンナの出生は?ジェハの闇とは?ジェットコースターのような展開に目が離せません!

「the k2」のost(オリジナルサウンドトラック)の魅力とは?

ドラマの内容はもちろん、視聴者を引き付けたのは「the k2」のostの存在です。中でも代表曲2曲の歌詞を一部紹介します♪

今日も……キム・ボヒョン(Spica)

胸が痛んできて 息が出来ない 冷たくなったあなたに 触れられない

いくら届かせようとしても また遠ざかるあなた

涙で一日を過ごして 呆然とあなたの後姿ばかり見つめて Everyday everyday

キム・ボヒョンが歌う「今日も」は、愛する男性が去ったあとに胸に去来する、押しつぶされそうな感情を表現した内容です。

魂の叫びのような声と、繊細なピアノの旋律が対照的!まるでアンナの光と影ですね。押し殺してきた感情と、愛に目覚めた感情の葛藤を表現しているかのような見事な曲。

アンナの魂に火をつけるようなエッジの効いた声、音楽が素晴らしいと思います。何度も何度も聞きたくる曲の一つです♪

【キム・ボヒョンについて】

1989年3月31日生まれ、28歳。

Spica(スピカ)のメンバーでボーカルとして活躍していましたが、今年2月10日に解散。現在はソロ活動をしています。

ボヒョンはグループ解散前から、実力派ボーカリストとして活躍しており、他のメンバーとの格差が生まれたことが解散の原因なのでは?と言われています。

ボヒョンはしっかりボイトレしている声ですね。自分の声で勝負している歌手としてのプライドを感じます。

世界に通用するシンガーになりそうなボヒョン♪応援していきましょう。

時間が止まったように……パク・クァンソン

終りがなさそうな 眠らない森で 汚れなく笑っている君は 

なんだか僕までも恐くないみたいだ

深い深い闇の中 その道を明るくしてくれるように

明るく笑っている君は なんだか暖かい花のよう

時間が止まったように 沼にはまったように 

動くことができない 近づくこともできない

風が止まったような 魔法にかかってしまったような 

かぐわしいその道の先で 君を見たみたいだ

パク・クァンソンが歌う「時間が止まったように」は、ジェハの心を表現した内容です。

命を狙われている少女アンナを守らなければならない、だけどいつの間にか心を奪われてしまった。愛なんて自分の人生から消し去ったはずなのに…といった心情かな♪

感情を持たず、表情を変えず、任務を遂行する屈強なボディガードの一番柔らかい部分を切なく表現していると思います。

「ああ、アンナになりたい!」と思った女性も多いはず(^◇^)

【パク・クァンソンについて】

1990年8月3日生まれ、27歳。

ULALA SESSIONのメンバーとして活躍。その後ソロ活動へ。

クァンソンは母親思いで有名な歌手。母のために自分の臓器を移植した過去もあるのだとか。優しくて歌が上手、才能もある…なんだかすごい人物ですよね(^◇^)

これからも国境を越えて、人々の心に沁みわたる歌声を届けてもらいたいですね♪今後も注目していきたいと思います(^◇^)

「the k2」ost(オリジナルサウンドトラック)日本盤の内容は?

「the k2」のostの内容は、全20曲。日本語和訳、ドラマスティールカットのブックレットがついてきます。

先の見出しで紹介した曲以外にも、ユ・ソンウンが歌う「とても時折」、アンナ役を演じるユナの「Amazing Grace」なども収録されています。

ユナの歌声は、瑞々しい品とともに、ユナ自身の強さを感じ、鳥肌が立ちますよ!

「the k2」ost(オリジナルサウンドトラック)を聴いたファンの声は?

「the k2」のost(オリジナルサウンドトラック)を聴いたファンの声を一部ご紹介します。

https://twitter.com/yoonapen/status/894585231180611584

https://twitter.com/Nochu_373/status/893420676194816000

ファンの間でもost(オリジナルサウンドトラック)は大人気ですね。とくにキム・ボヒョンの「今日も」は今でもヒットしているそうですよ♪私も大好きな曲です。

「the k2」のエピソード

「the k2」のちょっとしたエピソードをご紹介します。

アンナ役の少女時代のユナは、アンナを演じるにあたり、監督から「今までも可愛らしさ、キレイな部分を全部捨ててほしい」と言われたそうです。

アンナは継母にスペインの修道院においやられ、存在を抹消された不幸な少女。

そのアンナの孤独、不安、恐怖、絶望を演じるために、何日もお風呂に入らず、髪の毛をぼさぼさにしたり、身体や顔を汚したそうです。

そして声を出せないほど臆病だったアンナが大声を出すシーンでは、自分のすべてをさらけ出す覚悟で臨んだそうです。

今までのユナは可愛くてスタイルがよくて…女性たちの憧れ。それを全部脱ぎ去り、真逆の自分を演出したことはユナの自信になったそうですよ♪

韓国ドラマ「the k2」を見たら、是非「the k2」のost(オリジナルサウンドトラック)も聴いてみてくださいね♪さらに深く感情移入できるはず!(^^)!

以上、

the k2のost(オリジナルサウンドトラック)の魅力について!エッジの効いた音楽が超クール!

をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です